SIAM SHADEについて(後半)

(「前半」へ戻る)


ここではSIAM SHADE史上最も売れたアルバム、「SIAM SHADE IV・Zero」を紹介します。この売上に最も貢献したのは1/3の純情な感情だと思いますが、私の中では特に好きな曲に挙がりません。
もちろん良い曲だと思いますし、私がSIAM SHADEを知ったきっかけとなった曲なので、決して悪く言うつもりはありません。でもパッと聴いて良いなと思う曲と、長く聴いてても良い曲だなと思える曲はまた違うかなと思います。下では、未だに聴いてて色褪せないと私が思う曲を紹介していきます。

まず1曲目は「Virtuoso」です。
この曲はボーカルの入らないインスト曲です。それまで私は、アルバムの中に必ず入っているこうしたインスト曲をサラッと聴いて飛ばしがちだったのですが、このVirtuosoを聴いて衝撃を受けました。ボーカルがいなくてもこんな格好良い曲、最後までワクワクしながら聴ける曲があるんだって。DAITA凄すぎです。
なお、DAITAは現在ソロ活動をしていますが、ライブでは歌わず自身のギターとバックバンドで聴かせてるんですよね(動画で観る限り)。どれも格好良い曲ばかりです。
よくソロになると、元々ギターやベースの方でもやむを得ず歌うことが少なくないと思うのですが、その度に聴く方としては「う~ん…」となることがあります。その点DAITAはソロでもギターで聴かせてくれるので、その首尾一貫した姿勢は男として格好良いの一言に尽きます。

2曲目は「Dear…」です。
これはアルバムのトップを飾る曲なのですが、これを聴かされたらアルバムへの期待が一気に高まりますよ。1/3の純情な感情だけ聴いていたときは、KAZUMAのセカンドボーカルってほとんどわからなかったのですが、これを聴いてSIAM SHADEってツインボーカルバンドなんだって思い知らされます。出だしの出だしが格好良いです。

3曲目は「No!Marionette」です。
この曲はドラマーの淳士の作曲なのです。作曲できるドラマーって凄すぎます。そしてこの曲の凄いところは、ただのノリ曲かと思いきや、サビでちゃんと聴かせてくれるのです。サビのメロディラインが好きです。

4曲目、最後は「if 〜ひとりごと〜」です。
それぞれの人がこの世に生まれてこれたことって、ある意味奇跡ですよね。でもそれをまともに捉えすぎると重くなります。そのため、時に考えすぎてしまうこともある私にとって、そんな気持ちをストレートに曲として世に出してくれたSIAM SHADEに本当に感謝しています。この曲を聴く度に何度となく勇気をもらいます。

http://sengoku-jidai.jp/より


なお最後になりましたが、新型コロナウイルスの影響で、参加を予定していた戦国時代(現在KAZUMAと淳士が参加している)のライブが一旦は延期になり、そして最終的に中止となりました。
ファンを大事にしてくれるその姿勢に本当に感謝します。騒動がひと段落したら必ず参加します。それまでメンバー、スタッフの皆さまが病魔に襲われることのないよう、心からお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。