草津温泉へ行ってきました(後半)

前回に引き続いて、草津旅行の後半を紹介します。
一応、旅程を再掲します。

東京駅8:00-草津温泉バスターミナル11:45 ※東京1号

1.御座之湯→2.西の河原露天風呂→3.大滝乃湯 ※三湯めぐり手形で、三ケ所を割引で入れる

ランチ 山マタギと海番屋

熱乃湯で湯もみと踊り鑑賞

お土産(頼朝、山びこ温泉まんじゅう )

草津温泉バスターミナル17:30-新宿21:35 ※18号

前回は西の河原露天風呂まで紹介しました。

西の河原露天風呂から再び湯畑方面へ戻ります。帰りの西の河原公園もキレイだったので思わず写真を撮ってしまいました。

鬼の茶釜1
鬼の茶釜2

鬼の茶釜と紹介されたこの場所は、エメラルドグリーンのお湯がとにかく映える神秘的な場所です。物哀しい冬も良いですが、春や秋の自然と調和した姿もどれだけキレイだろうと、次回の訪れが楽しみになる場所です。

さて、このまま最後の大滝乃湯に直行しても良かったのですが、まだ昼食を取っていなかったので、山マタギと海番屋というお店でかなり遅めの昼を取ります。
食欲に傾いていたせいか、すっかり写真を撮ることを忘れていましたが、食事内容の記録だけでも。
鮎の塩焼きとミニそばセット(ご飯つき)をいただきました。確か1,500円前後だったかと思います。
普段なかなか食べられないせいか、鮎に出会うとつい頼んでしまいます。鮎は他の魚と比べて、内臓も癖が少なく食べられるのが良いですね。
また、セットの蕎麦は少し乱切りで、つけ汁に自分で浸して食べるタイプではなく、予めつけ汁に蕎麦が浸かっているタイプでした。草津ではこちらが主流なのでしょうか。次回また違うお蕎麦屋さんに入って、確かめてみようと思います。
なお、こちらのお店は、メニューその他から夜の営業に力を入れている様子が伺えたので、次回はケチな性格を脱出して、夜の酒を楽しみながら、草津の夜を満喫してみたい気分になりました。

そうこうしているうちに、再び湯畑へ到着しました。三湯目の大滝乃湯は、湯畑を中心として西の河原露天風呂とは真逆の方向にあります。ただ西の河原露天風呂とは違い、比較的湯畑から近いので、5分程度で辿り着けるかと思います。

大滝乃湯

こちらの大滝乃湯は、合わせ湯といって、湯温のバリエーションのある浴槽が用意されていて、それらを湯温の低い順に回ると身体に良いらしいのです。またその他に大浴場もあり、露天風呂もあり、サウナもありと、お風呂好きにはたまらない設備が充実していると思います。
ただ、合わせ湯自体はそれぞれの浴槽が小さいので、簡単に渋滞します。一応案内があり、一つの浴槽あたり60秒(うる覚えですが)で回るようなルールになっていたと思うので、大人の皆さんは行儀良く回ってくれるのでしょうが。

大滝乃湯ホームページより

旅の一番の目的であった、温泉を3つ回ることも無事に終わり、ホッとしたところで次の目的地に向かいます。

なお、大滝乃湯の目の前に、ジェラート食べ放題の珍しいお店があったのですが、帰りのバスの時間もあったので、後ろ髪引かれる思いで湯畑へ。

ジェラート食べ放題のお店

またまた湯畑へ戻り、熱乃湯へ。ここはその名の通り昔はお風呂だったらしいのですが、今では湯もみ体験等ができる施設となっています。写真も撮り放題なので、子どもと来た際には、旅の記念に湯もみをする子どもの姿を写真におさめたいものです。

熱乃湯

湯もみ体験等が終わって建物の外に出ると、昼間とはまた違った湯畑の景色が。時刻は17時近く。夜の湯畑も非常に風情があります。

夜の湯畑1
夜の湯畑2

動画にはおさめなかったのですが、時間差で様々な光のライトアップがされていたので、動画の得意な方は、是非幻想的な湯畑の姿を撮っていただきたいと思います。

そうこうしているうちに、帰りのバスの時刻が近づいてきていたので、急いでお土産を。
まずは頼朝へ。温泉と言えば何と言っても温泉たまご。こちらの温泉たまごは2週間日持ちするそうなので、自分のためにはもちろん、お土産にも最適です。トロトロで美味しかったです。1個120円と、値段もめちゃリーズナブルです。しかもPASMO使えます。
次に山びこ温泉まんじゅうへ。山びこまんじゅう、あげまんじゅう、あげぽてスイート、どれを食べても文句なしに美味しかったです。ただ、伺った時間はおばあさんが一人でお店をされていたので、店の外には長蛇の列が。お土産にと決めているなら、早めの購入をお薦めします。

山びこまんじゅう

やりたいことは全てやり尽くして草津温泉バスターミナルへ。
バスターミナル近くのLOWSONは、景観条例だか景観協定に配慮した造りなのか、茶色ベースで渋いです。

草津温泉バスターミナル近くのLOWSON

ちなみに湯畑近くのセブンイレブンもこんな感じです。

湯畑近くのセブンイレブン

今回の旅は、温泉はもちろん、草津温泉が持つ独特の景色、食事、お土産、全てが満足でした。多くの方が草津温泉に魅了され続けることがやっと理解できた旅でした。テレビの画面越しに観る草津温泉も私には十分魅力的でしたが、一度現地に行くと、ますますその魅力に取りつかれます。
日々の仕事に疲れたとき、往復1万円しない草津への旅は、日々の活力を取り戻すのに十分過ぎるものになるかと思います。私自身、次はどういったルートで草津を楽しもうか、もうそればかりを考えてしまっています。
私の拙い文章と下手くそなカメラで、どれだけ草津の魅力が伝わったかは疑問ですが、これを見て1ミリでも草津に興味が湧いたなら、1日でも早く草津行きのバスを予約することをお薦めします。

なお、最後の最後に蛇足も蛇足なのですが、今回の旅は「ジョジョの奇妙な冒険」に出てくるブチャラティというキャラのタオルと共に回った旅でもありました。
(浴槽の縁にこれが置いてあったら、なかなかインパクトありますよね・・・)

ブチャラティ

ちなみにこのブチャラティというキャラは、自分の命を他人の命と同等に公平に天秤にかけられるキャラとして、敵味方問わず尊敬を集めるキャラです。現在ジョジョの奇妙な冒険は8部まで連載されていますが、1部から8部まで通しても私の1番好きなキャラです。
ジョジョオタクでもある私なので、今後はジョジョに関する話題もここで紹介できればと思います。