新型コロナウイルスかと

3月6日の夜、一番下の子ども(もうすぐ9か月)が突然39℃の熱を出し、子どもクリニックへ連れて行きました。結果的に、その12時間後には解熱剤なしの自力で36℃代まで熱が下がり、新型コロナウイルスではなく突発性発疹ということが判明したのでこうして紹介できています。

いや~、でもタイミングがタイミングなだけに、ドキッとしますよね。子ども達は臨時休校・休園でも、感染源が完全に断たれている訳ではありませんから。妻は専業主婦ですが、私は職場や行き帰りの電車やバスでうつされる可能性がありますので。
もちろん毎日マスクを必ず着けていますが、医療用のマスクをしっかり着けている医療従事者でも新型コロナウイルスをうつされている現状を考えると、決して安心できませんよね。

しかしながら、この新型コロナウイルスも怖いのですが、私はかかった時の周りの人達の反応の方が怖いなと思って、ドキッとしました(普段周りの親御さんとの関係は良好なので、過剰にビクつきすぎかもしれませんが、やはり大衆心理は読めないです)。
もし仮にうちの子が原因で、通っている小学校や幼稚園の当初2週間の予定だった臨時休校・休園が延長してしまったらどうしようかと本当に思いました。罹患情報も当然個人情報なので、そう簡単には漏れないと思いますけど、やはり心配になりますよね。
なお、新型コロナウイルスと診断された際のその後の動きについては、検索してもヒットしませんでした。罹患していない大多数の人間には必要のない情報ということなのでしょうが、やはり万一罹患した場合にその後どうした手続き(保健所に届け出るとか、所属している組織に報告するとか)を取れば良いのか、予めわかっていると覚悟も安心もできるのかとも思います。

万一自分や家族が新型コロナウイルスに罹患していたら、極力他人には知られたくない、というのが私を含めて大半の方の心理ではないかと思うのですが(そこまで強迫観念を持つことが良いことでは決してなく、日本の村八分的な問題かとも思いますが)、先日愛知県蒲郡市の50代男性が自らが罹患しているのを承知で周りにうつしてやると飲食店をハシゴするという感覚は全く理解できません。またクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船後に静岡市内のスポーツクラブに通っていた60代男性の感覚も全く理解できないです。同じく横浜市内の70代男性の感覚も。

私が10代~20代の頃は、「最近の若い者は」と、若者たちの常識のなさを嘆いたフレーズが流行していましたが、正直言って最近は年寄り世代の常識のなさの方がよっぽど怖い気がします。はっきり言って老害です。「自分さえ良ければそれで良い」を通り越して、「自分だけがこんな目に遭うなんておかしい、その他大勢の他人も不幸にしてやれ」ということなんでしょうかね。
もしくは、自己の行動がそれほど危険であると自覚していない、無知なだけなのでしょうか。私は悪意ある隣人も怖いですが、無知な隣人、悪意なく悪事を働ける隣人も同じくらい、いやそれ以上に怖いと最近思います。言わずもがなで善意が人から人へと拡散していくような時代ではもうないのでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。