公立学校の臨時休校について

2020年2月27日(木)夕方、新型コロナウイルスの感染拡大対策として、安倍首相が全国の小中高校や特別支援学校の臨時休校を要請しました。

3月2日(月)から休校をスタートするには平日間1日しかない、いや2月28日(金)に生徒たちへ伝えるには、もう残り数時間しかない。あまりに突然のことで、教育現場が大きな混乱に包まれたというのは想像に難くありません。またそれまで政府が方針を示さない中で、各自治体の教育委員会が今後の方針を固めたていたところで、それが全てぶち壊されてしまった、というのもわかります。

しかし、私は今回の政府の決定を概ね支持しています。私は特定の政党を支持している訳ではありませんし、現内閣の政策を無条件で支持してきた訳でもありません。ましてや今回の新型コロナウイルスに対する一連の政府の対応を支持している訳でも決してありません。

また今回の決定に関して、何も課題がないと言っているのではありません。課題は山ほどあると思います。
休校した期間の授業時間数をどこで取り返すのか。春休みをつぶしてそこに充てるのか、次年度のスタート時に充てるのか。子どもが休みになったって、親はそんなに簡単に休めない、子どもの面倒を誰が見るのか、等々。

多くの課題がある中で、それでも私が今回の決定を支持する理由は、これが子どもの心と体のケアのために最善であると考えられるからです。
臨時休校により子どもが家庭で一定期間隔離されるのであれば、子どもへの感染経路は親のみとなります。通勤からの感染が相当程度あり得るというのは誰もが指摘しているところですが、それを除けば感染源は親が属する会社組織もしくはその周辺に限られます。
そして私が子どもの親として一番心配していたのが、万一自分の子どもが新型コロナウイルスに感染していて、それを学校のクラスメイトにうつし、その学校を休校に追い込んでしまったときのことです。
臨時休校せずに皆が通常通り学校へ通っていれば、当然そのときに犯人捜しが始まるでしょう。そのとき、またその後も続くであろう子どもへの精神的ダメージの大きさは想像ができません。こうした犯人捜しの可能性を、全国一斉の休校のおかげで相当程度抑え込めることは、親として大変ありがたいと思っています。

なお、本日2月28日(金)、小学校へ通う長男が学校からの手紙を持ってきました。前日の政府発表から1日も時間がない中での対応、先生方や学校、教育委員会の苦労はいかほどだったでしょうか。
手紙の内容はこうです。3月2日(月)は登校、3日(火)から13日(金)まで休校して、16日(金)から登校予定というものです。
適切な対応だと思います。政府は3月2日(月)からということでしたが、休校中に子どもたちへ課す課題など、ある程度中身を詰めるには、今日の時点でのアナウンスは無理だったと思います。また約2週間という予定も、その後に抜けた授業時間数を取り戻すのに調整が利く期間かと思います。
さらに、小学校の休校期間に合わせる形で、次男たちの通う幼稚園も同期間の臨時休園が決まりました。
保護者として、各機関の適切かつ迅速な対応には本当に頭が下がる想いです。

ところで話は変わりますが、今回の新型コロナウイルスに対する一連の対応の中、私が非常に驚いたと共に非常に不快だったのは、対案・代案を全く示さずに現状の政府対応を非難するコメンテーターや芸能人等が数多くいることです。
私の言う対案・代案とは、政府や専門家を論破できるほどのレベルを求めているものではありません。「私ならこうした方が良かったと思う」、「私ならこっちの課題に先に取り組むべきだと思う」といった程度のものです。その程度の方向性すら自ら示さず・示せずに、ただ非難する、ただ嘲笑する。ときにはそれが格好良いかのように捉えられる。
私はこうした姿勢こそが、政府の対応は無責任であると糾弾する当の政府よりよほど無責任であると感じています。私は正直この未曾有の事態に、方向性どころか完全に思考が停止してしまっています。正解なんてわからないですよ。人の動きを完全に分断すれば、ウイルスの拡大は一時的にストップできます。但し、物流が止まれば、当然食糧その他の供給がストップして暴動が起きます。暴動が起これば、分断されていたはずの人の動きが前にも増して混沌とし、ウイルスの拡大が阻止できないばかりか、社会が破綻します。

今回の臨時休校に対しても、大きな賛否が巻き起こっています。当然です。
しかしながら、これまで政府の対応が遅いと非難してきた人々は、まさか今回の対応に対して「やりすぎ」「関係各局等としっかり調整をしたのか」などと非難していないでしょうね。
対応が遅い、つまり早い段階で中国からの流入を抑えるべきであった、という人。それは臨時休校より大きな、一時的な鎖国を求めていた人ではないのでしょうか。また関係各局等と調整していたら、その調整だけでどれだけの時間が無駄に費やされていたのでしょう。
何かやれば避難、やらなくても非難、こんな都合の良い、後だしじゃんけんのような立場があるでしょうか。
1億人以上の人口を抱える日本。さまざまな利害や考え方のある中、誰もが納得する一つの答えを導き出すのは不可能です。日本は北朝鮮のような独裁国家ではない、だからこそ政治で、時には批判覚悟で決定をする必要があります。今までそれを政府が避け続けて来たのですから、今回の方針転換は本来大いに歓迎すべきことだと思っています。

この度の臨時休校、ささやかながら我が家では、ピンチをチャンスに変えようと考えています。
先ほどは触れませんでしたが、幼稚園や小学校に加えて、長男の通っている公文でも、教室での勉強は当面お休みとし、家庭での宿題を定期的に持参して丸付けをしてもらうというスタイルへ当分変更になりました。
これを良い機会として、以前より検討していたスマイルゼミという、タブレット型の学習教材を試そうと思っています。これは通信教育なので先生と対面する必要がありませんし、子どものやる気等に合わせてどんどん進めていけるようです。まだ申込前で効果は未知数なので、実際に子どもにやらせてみて、効果の有無等を含めてここで紹介できればと思います。
そして学校へ通えない、近くの公園で遊べない、といった状況なので、この機会に家庭学習も充実させ、これまでの国語・算数の総復習をさせようかとも思っています。
元々お勉強がそんなに得意ではない我が息子、今のうちに少しでも周りの子どもたちに追い付かせてあげなければ。

後日、臨時休校・休園期間が延長になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。