ラーメン弘へ

今回は、私が京急(地下鉄も)の上大岡近辺で飲んだ際に締めでよく利用する「ラーメン弘」を紹介します。

ラーメン弘 入口


以前、「Roto Brewery、麺や 天空」へでも上大岡のラーメン店を紹介したと思いますが、そことは対照的です。「Roto Brewery、麺や 天空」は若干駅から離れるので、ある程度自身の頭がクリアでないと辿り着けません。また相対的にあっさり系です。
一方で「ラーメン弘」は相対的に駅から近く、帰りを気にする際にも安心して利用できます。味は家系ほどこってりではないですが、程よい重たさで私は好きです。

今回は700円のトンコツ正油ラーメンをいただきました。私の好みの関係で、ほとんどのラーメンは「麺硬め・油多め」に変更するので、ここでもその内容で注文しています。
油多めにしても、家系のデフォルトより油の重たさはないです。また麺は家系と違いもちもちした中太麺ではなく、程よい縮れ麺です。スープとも良く絡み、縮れ麺特有の舌触りも心地良いです。

トンコツ正油ラーメン 700円


あとこの店のトッピングですが、おろしにんにくに加えてガーリックチップも置いてあります(下の写真コショウの右隣、「ガー」までしか映っていませんが…) 。家系だと、おろしにんにくはあってもガーリックチップまでは置いていないと思います(「家系総本山 吉村家」には、この前行ったら置いてありました)。

トッピングたち


さて話は変わりますが、これまで上大岡にあるお店を何軒か紹介してきたので、この上大岡エリアのグルメの特徴を一度ご紹介しておきたいと思います。

まずは今回紹介したラーメンです。上大岡とその隣の弘明寺にはラーメン店が乱立しています。実際、このラーメン弘の隣にもラーメン店がありますし、同じくラーメン弘から徒歩1分圏内にある商業施設には家系の「壱六家」があります(壱六家も好きなので、いずれ紹介できればと思います)。
今後のネタ晴らしも一部含んでいますが、つけ麺で有名な啜磨専科も駅から若干歩きますが、上大岡にあります。また煮干系で独特の道を歩んでいる丿貫は弘明寺にあります。

そして何と言っても、上大岡で一番有名なグルメジャンルは焼鳥です。本当に焼鳥激戦区です。今後何軒か紹介するつもりでいますが、徒歩1分圏内に3軒以上密集していることもあります。
しかし激戦区だけあって美味しいです。私はレバーならこのお店、ハツモトならあのお店、希少部位ならまた別のお店、というように使い分けをしています。それぞれのお店が偶然なのか上手く住み分けをし、またその得意な部位を極めているので、1本100~200円で食べるには申し訳ないくらいの焼鳥が味わえます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。