「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」から思うこと(その2)

(「その1」へ戻る)

新型コロナウイルスの影響で日本全体が混乱する中、本来ならこうした時にこそ力を発揮して正しい情報を国民全体へ伝えるのが、メディアの役割だと思います。しかしこうした状況下におけるメディアの姿勢も、その意図がよくわからないことが多々あります。

ちょっと前、4月9日のものになりますが、こんな記事(人が消えた渋谷でネズミ走り回る報道 衝撃走る「怖い」「ヤバくないか」)がYahooニュースに上がりました。
メディアには報道の自由があるので、もちろん多種多様な切り口でニュースを伝えて良いのだとは思いますが、これをわざわざ報じた意図がわからないのです。
この時期既に緊急事態宣言が出されており、国民が一丸となって感染拡大の防止に努めるべきというときに、これをわざわざ伝える必要って何ですか?外出自粛をやめて積極的に人を活動させ、この渋谷に発生したネズミを追い払うことが目的とでも?
本筋のコロナウイルスについての知見もまだぼんやりとしている中、メディアがさらに伝えるべき情報をぼんやりとさせることはやめてもらいたいものです。

あと、ホリエモンこと堀江貴文の発言がよくYahooニュースに取り上げられているのですが、これもどうなのって思っています。
私は見出しの時点でもう気持ち悪くて、中身まで開けていません。「頭悪すぎ」とか「ほんとクソ」とか、これが40代後半の人間の言葉遣いかと思うと、ちょっとね。本文を読むだけ時間の無駄でしょうし。

メディアって、言葉が、ペンが武器な訳ですよね。言葉を大事にしないってことは、武器の使い方を間違っているってことですよ。第4の権力として、他の3権力がおかしなことをしていれば、それをおかしいと報ずるのがメディアの立場です。正しく武器を使えない人に、何が期待できるでしょうか。

そもそも国会議員等が当選するときと同じで、メディア側も知名度があれば中身関係なく誰でも起用する、みたいなところありませんか。
別に前科があることでその人の人間性全てを否定する必要はないと思いますが、証券取引法違反で服役したような人、つまり社会のルールも守れないような人の発言です。平常時ならともかく、この非常時にわざわざ取り上げて参考にするようなことなんてありますかね。これについては、メディアの意図も良心も理解できません、というより理解したいと思いません。

「学校のルールも守れない奴が社会のルールなんて守れる訳がない」って金八先生のセリフでしたよね(でも裏取りしようと検索しても出てこないところをみると、私の思い込みだったのかしら)?
社会のルールも守れない奴が社会に対して違和感を訴える、しかも口汚い言葉で。これって完全にルール違反だと思いますよ。

(「その3」へ続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。