「家系総本山 吉村家」へ

今回は、ラーメン好きならおそらく誰もが知っているだろうお店、「家系総本山 吉村家」です。
今さら説明するまでもないと思いますが、吉村家は家系ラーメンの生みの親です。

最寄りは横浜駅なのですが、何だかんだでけっこう歩きます(駅の改札からだと、路線や出口によっては10分以上かかります)。そのため、ついつい途中にある数軒の他の家系ラーメン店に誘惑されてしまうのですが、ここは我慢で総本山を目指します。
しかし誘惑を払ってお店の前に辿り着いても、ここからまだ試練があります。それはもう見慣れた、毎度おなじみ長蛇の列です。
この日は土曜日の夜だったこともあり、30人くらいは並んでいましたかね。

吉村家入口


なお、初めてお店に行く方には、一点だけ注意があります。それは行列に並ぶ前に食券を買うというルールです。
最初知らずに並んでいても、店員さんから「並ぶ前に食券を買ってください」と言われてしまうので、おそらく並び直しになってしまうと思います。

そしてようやく店内へ。並び始めは気が遠くなりましたが、回転は良いので30分ほどで入れたと思います。

吉村家のラーメンはデフォルトだと個人的に味が濃いと感じてしまうので、味薄めで注文します(その日は調子が良かったので、さらに油多めにしました)。
ただその日両隣だったお客さんは、あえて味濃いめにしてライスを頼んでいたので、なるほどそういう頼み方もありだなと思います。

ラーメン並 710円


なお、吉村家のラーメンって1杯710円なんですよね。けっこう刻むなあと個人的には思ってしまうのですが、この10円の差が商売的には重要なのでしょうね。

早速スープをいただいたのですが、やはり総本山だけあって数ある家系とは一線を画してますよね。醤油が主張し過ぎず、油と上手く調和しています。そして今回油多めにしたのですが、油の嫌な重たさが全くありませんでした。やはりこれは並ぶだけの価値があると思います。

そしてトッピングです。

トッピングたち


おろしニンニクだけじゃなく、ニンニクフレークまでと、かなり充実しています。
でも吉村家に来ると、スープの味をトッピングで汚すことに非常に大きな罪悪感を覚えます。それくらい完成されたスープだと思います。
私は普段家系で後半に大量のニンニクを入れて楽しむ人間なのですが、今回は思いとどまりました。

大満足でお店を出たそのときも、まだ30人ほど行列していました。やはり家系の総本山はすごいと思い知らされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。