「作詞・作詩」について

私はこれまで、作詞?作詩?の勉強を特にしてこなかったのですが、それでも何となく心の中に浮かんだフレーズや夢の中での奇妙な体験等を幾つかメモとして書き留めてきました。
今後の投稿では、その中で一応まとまったものができたときに、適宜発表していきたいと思っています。
早速ですが、一つできたものがあるので、掲載します。


絵の具

水彩絵の具で描いた頼りない地図
幼い僕は汗を流しながら描いていた

滲んでは描き 滲んでは描き
僕はどこへ向かっていたんだっけ?

そんなことを繰り返す僕に
大人たちは油絵の具でレールを描いてくれた

こっちだよ

僕の乗る電車も出来た

どんどん油絵の具を塗り固めていく

どんな下絵があったっけ?

このキャンバスは誰のもの?

僕は確か画用紙に描いていたはずなんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。